1ドル95円まで円高に進んだら

どこにでもある経験の浅い方向けのFX取引の本では、「損をしたケースではナンピン買いをすることによって、全体の平均の買い付けコストを抑える事ができる」等と説明されているが正直に言うとナンピン買いには大きなリスクが隠れています。仕事 辞めたい 人間関係

まずはじめに、ナンピンの原理について述べておきます。精力減退 原因

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。本当に痩せる エステ

$買いですので、円安ドル高になれば黒字が出るわけですが、不幸にして1ドル95円までドル安に向ってしまったとします。善悪の屑 ネタバレ 2巻

この状況でポジションを所有し続けたら損失が戻るためにはマイナス分、ドル高が進まなければなりません。スイーツ 青汁

誰でも、損は早く0にしたいと願うだろう。アリシアクリニックvs湘南美容外科、、、医療脱毛どっちが?

この状況を乗り切るため最初に売買したのと同じだけの$を、1ドルを95円でエントリーします。喪服急ぎスーツ

これで、平均の価格は1ドル=97.50円まで低くすることができる。http://xn--amazon-9d4eyewrja45aug1402d.xyz/

結果として、2円50銭の幅で円安に推移すれば、マイナスを取り戻す事が出来ます。ミドリムシナチュラルリッチ

こういったことがナンピン買いの理屈です。http://mimaimix.de/spinni/raomi/

このように、ナンピンの手法を耳にすると「まちがいない」という風に思うが、為替は易々と問屋を卸してくれない。

だいたい、1ドル95円が底だということなど誰一人として想像できません。

マーケットがかなりの円高ドル安動向だとしたら95円では止まることなく、さらに円高にいく危険性が高くなります。

97円50銭でナンピン買いをした時に、1ドル95円まで円高に進んだら、ナンピンした分にも差損が生じることになってしまうのである。

これでは、初めに注文したドルとあわせてより大きな差損を被ることになります。

それゆえ、ナンピン買いは難しいのだ。

ならば、マーケットがあなたの台本とは反対に素早く向ってしまった場合、どういう術でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

選ぶべき手段は2つあります。

まずひとつは観念して、損失を確定する事です。

もうひとりは、今、自分か保有しているポジションを縮小することによって、相場が戻るのを黙って待機する事だけです。

相当後ろ向きな術だとおっしゃる人もいると思います。

だが、自分が所有しているポジションにマイナスが生じた時有効な手段はこれよりいいものは考えられない。

理論としてはナンピンする手段もあると思います。

だけどナンピンは自分自身がマイナスになっている場面にもかかわらず買いポジションを整理するどころかそれとは反対にポジションを積んでいく手法です。

この対策では、危険性を削減することなど到底可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いを続ける事ができればいずれは利益を上げられるかもしれません。

だけど、そうなる前に資金がショートしてしまうだろう。

Link

Copyright © 1996 www.elviracollura.com All Rights Reserved.